ときどき→ほぼ毎日記@まめやん

  
<<前のページ | 次のページ>>
2020年9月21日(月)
3日目

まっこが、急に「かき氷を食べに行くで。」と言う。
どうした?
じいさんの家までの「(別ルートの)途中に店がある。」と言う。
どうした?
「韓国料理屋らしい。」「パッピンス?」「何なら?」「かき氷じゃがな!」「かき氷!」「パッピンスじゃねん?」、話が合わない。
「どっちでも良ぇわ。」と口は渋々、足取りは軽々。
結局、昼は日本のふわふわタイプのかき氷、夜は韓国料理の不思議な店だった。
散々迷って、『黒蜜きなこ白玉』=全く遊びなし。
2人で1杯、それでも多い?
盛夏なら、1人で1杯でもきっと足らない。

(じいさんの家に置いてある)キリム&絨毯の様子を見て、天日干し分が必要な分を持ち帰る。
美味しそうな色の夕日を見ながら帰り着けば、当然薄暗い。
冷えた風に、朝から出しておいた分は、念のために明日もう一度?


2020年9月20日(日)
2日目

正式デビュー35年周年、今年こそは何かある!と期待していたS年隊。
デビュー日にベストアルバムとPZのDVD(23/24作・・・’04年は?)の発売決定と同時に、ニッキ隊長とカッちゃんが年末に退所と発表された。
隊長が唯一表に出ていたラジオ番組を3月に降りた辺りから嫌な予感がしていたのが、現実となり、現状では仕方なしと思いながら、3人の「コーラス隊です。」の言葉を信じていれば、残念で仕方がない。
限定ベスト盤には歌い直しり未発表曲がいくつもあるので、買おうかなぁ。
で、解散ではないし+名前は残るって事で、10年先か20年先か30年先に、3人が一緒に歌う姿を見られれば良いなぁ・・・この10数年もやもやしながら待っていたのだから、アルバムとDVDがあれば、待てる!⇔待てる?
ついでに、『In 夜のヒットSタジオ』も出ればなぁ。
その前に、退所までに3人一緒の姿を見たいなぁ。

馴染みのどろ焼き店が支店を出し、店名を変え、「こんな所にできとるが、」「行ってみよう。」と言いながら1年以上。
じいさんの家から一直線で5kmとあって、誘ってみた。
味は同じ!??と入ればガラガラで、美味しくないの?と少々の不安を持ちながら、(4人で)大盛りばかりを6つ注文。
「たこ焼きが(特に)美味ぇ。」「次は、普通(味)の麺で。」
会計時には、順番待ちが店の外までできていた。
早くも500円分のポイントが付き、次回は早そう。

経糸の間隔を半分にして、試作。
それでも、原本の倍以上。
糸はそのまま使ったので、ゴッツイ。

2020年9月19日(土)
シルバーウィーク1日目

土+日+敬老の日(ハッピーマンデー)+秋分の日+で、ラッキーな連休。
毎年でないのは、残念。
で、チビが昨日から帰ってきている。

100均店で買い物、ついでに面相筆を買う。
習字用なら1本、絵画用は何と3本(サイズ)入り。
(面相筆2本+平筆1本入りもあった。)
天然毛ではなく軸もプラスチック?だけど、たっぷり水を含んでイライラせずに濡れれば良いので、これで十分なはずと買った。
なかなかヨロシイ。

絨毯を洗う。
水が冷たく感じるようになった。

昨日+1人=147人(再陽性除く)、”桃太郎のまち”では14日振り。
12・13日に“国”外感染拡大地域に出かけ、知人(後に陽性判明)と会食し、濃厚接触者として。
まだまだ出国は憚られ、入国も遠慮願いたい・・・けど、東京発着の『Go To』が解禁されたよなぁ・・・。


2020年9月17日(木)
オプション

できたてホヤホヤのサンダルを履いて、“てくてく”。
40分程歩いたけど、足型を取って作っただけあって、ジャストサイズ。
トング(鼻緒)が伸び縮みするはずがないのに、そんな感触で、擦れて泣く事もなし。
フィットしているので緩和している(はず)だけど、、“ペタペタ”は拭えない。
ちょい履きならこんなもの、長く歩いていれば気になるところ。
着脱できるバックベルトを付けたいなぁ。

ゲージを取る様に、経糸20本+2色で大雑把に試してみた。
2色ではリバーシブルになり、単純に「2段目は1段目の裏に通す。」と唱えながら、進める。
直ぐに模様が浮かび上がってきたけど、本来は3色構成(裏の模様は3色目の糸で覆われて見えない。)だから、経糸20本では不完全な再現。
理屈通りに入れても、穴の境目では糸をどう渡せば良いか?、また何が何やら分からなくなりそう。
試しに、図に起こしてみたら、、、これだけ見れば、簡単なんだけどなぁ。
(糸の渡し方は全面同じ、色数の増減で異なる模様ができる。)
明日は、30本位+3色でやってみよう。



2020年9月16日(水)
サンダル作りその6/仕上げ

今日で完成!+作業は簡単、いそいそと出掛ける。
着くと、コインケースのワークショップが開催中で、どんな物かと見せて貰い⇔側面のコバ削りを見て貰う。
(削り屑がかなり飛ぶので、屋上で。
ヘアキャップ+防塵マスク+ゴム手袋を用意してくれていたけど、持参のスカーフを頭に+布マスク+腕カバーで・・・妙な身なり。)
ギリギリの所を+程々の力で、サンダーのベルトに当てる。
3枚重ねのソールを均一にし+出来上がり線が滑らかになる様に。
力が弱いと飛ばされたり粗くなり、強過ぎると削れ過ぎる。
巻き込みが怖くて、最初はムラが出来てしまい、3周位してOKが出た。
仕上げ剤を塗って、本当に完成!!!
今日は、機械の出し入れや屋上の掃除をしても1時間程度、後はコーヒーを飲みながら世間話と次回(訳あり物件)の相談。
帰り、地域猫のコタロウが見に来た・・・と思ったら、単に撫でてくれと鳴き付かれただけ。
その前に、ちょっと見ておくれよ。

長く続いていた“桃太郎のまち”駅舎の改装が終り、駅直結の商業施設として全域開店。
ファッション・コスメ・スウィーツ・お土産店・スーパー=何でもありの「南館」、セレクトショップ・書籍・生活雑貨・コンビニ等+交番の「北館」、ファッション・インテリア・美容の「西館」、東側=駅前広場は、今後、路面電車の乗り入れ工事(2023年完成予定)が始まる。
新規参入店や食事処もたくさんあるので、ここでやっと、電車利用+前を“てくてく”する以外でも利用するかも?

+0人=146人(再陽性除く)。

2020年9月14日(月)
月並み

肌寒くて目が覚め、窓を閉めて+毛布を出して、中途半端な時間でその後は眠れず。
28.1℃⇔18.1℃/69%=日中は例年並み、明け方は下旬並み。
それなら、「普通なん?」

終わりに掛けて、経糸の繋ぎ目が多い。
大きさがある=重いので、ぶちぶち切れたか?
大らかなカシュカイ、予定より長くしたかったか?
どちらにしても、横にも+縦にも変則的にも繋ぎ目があるのに、表(パイル面)の模様の乱れはほぼなし。

まだまだ頑張って貰おう。

+1人=146人(再陽性除く)。
“食い倒れの街”から“海とみどりと炎のまち”の友人宅に、泊り掛けで遊びに来ている最中に発症・・・訪問前に感染していたのだろう。
同居家族+友人家族だけでなく、滞在中に遊びに来た友人も数名いるらしい。
う~ん、クラスターが起こる?
しばらく陽性者が出ず安心していたけど、、、この様子なら、まだ越境しない方が良いなぁ。


2020年9月13日(日)
ちょっと降って→晴れても、程々

1週間前なら蒸し暑くて喘ぎ→避難所に入れてくれとピーピー鳴いていたのに、今日は2匹がタイルの上でのんびりまったり。
スーパーに出ている間も、(多分)そのまま寝ていた様子。

キャベツが248円、落ち着くまでもうちょっと?
35cm程の天然真鯛が、トロ箱の中から選べば280円、パックに入っていれば少し小さいのに398円。
「何でなん?」と値段を疑いつつ、生でも食べられると聞いて、2匹買った。
1匹は炙りで、1匹は鯛茶漬け(明日)に、頭は甘辛く煮て、粗(骨で出し+身)はわんこに。

我が家の絨毯も干す。
毛皮も干す。

+0人=145人(再陽性除く)。

2020年9月12日(土)
ゆるゆる

街の朝焼け、幻想的。
昼近くから、“健康のまち”の温泉へ。
山の雲はどんどん流れ、降りそうで降らず。
先に入っていた3台中3台が県外ナンバーで、これはマズイ?+マズイ!とびっくりしたのに、何故か?中にはそれだけの人はおらず、ほぼ貸し切り。
のんびりまったり。

クチナシ、3輪目が咲く。


2020年9月10日(木)
第3回陶芸教室

先月は教室がなかったので、こんなのだったかなぁ?と素焼きのマグカップを受け取る。
落ちたかも?と心配だった取っ手は、しっかり付いているし、水漏れの気配もないので、ホッとした。
紙やすりで、バリ取り。
結構、粘土クズが付いていて、焼いているので削るしかない。
微妙な口周りの凸凹も滑らかにして、釉薬を掛けた。
次回までに焼成され、完成。
続いて、風鈴(置物にも貯金箱にも)を作った。
我が家の2匹をやんわりとデフォルメして、犬張子か招き猫の様な色を付ける・・・つもりで挑む。
丸めた新聞紙の土台を伸ばした土で覆い、押さえて⇔伸ばして⇔くっ付けて、少しずつ形になってくるけど、、、似ていない。
時間内に精一杯取り組んだし、やっているこの時間に意味があるので、良しっ。
アマビヱ様もいらっしゃる。  (-_[◎]o→
これで乾燥→素焼きされて、次回は色付け。

31.6℃⇔22.1℃/79%。
+0人=145人(再陽性除く)。
この調子、この調子。

2020年9月9日(水)
ぐぐっと快適に?

おかしい+おかしい、変だと思う位肌感が一気に変わり、“爽やかな”暑さ=29.6℃⇔22.6℃/81%。
エアコンがなくても楽勝なのは、身体が慣れたから?・・・とすれば、厳しい冬?
気が付けばクチナシが2輪咲いていて、やっぱり変。

縁取りの飾り糸、切り替えし(角)の処理がしっかり残っているので、要チェック。
これが限りではないけど、これもお手本。


2020年9月8日(火)
門前雀羅

久し振りに“ネトネト”感が少ない暑さ・・・と感じたのに、34.1℃⇔23.4℃/60%で、単に気温が低かっただけだった。
身体が楽なのは、結構×結構。
これで秋が来ると良いなぁ。
その前に、、ノウルが来るって?

コロナ禍で商売上がったり、それが原因と直ぐに分かる、怪しいメールが頻繁に届きだした。
密林からのセキュリティ警告やR天からのアカウント更新とか、明らかにそれと分かれば直ぐにポイッだけと、もしかして?と思わせるものは厄介。
それが来たよ、来た、来た。
開いちゃったよ、読んじゃったよ、それでもこれはダメと分かるものだったから良かったけど・・・。

経糸の繋ぎ目=結び玉で、穴。
勿体なぁ~~~い。
表と裏  (-_[◎]o→
先ずは経糸を通し、、、緯糸は、、、細か過ぎて+裏の糸を引っ張ってしまい、順番に刺しているのに途中から訳が分からなくなった。
で、やり直し。
その前に、太い糸で練習した方が良さそう。

+0人=145人(再陽性除く)。


2020年9月7日(月)
台風一過

寝ている間が激しかったのだろう、“てくてく”時にはその気配はなく、“いつもの川沿いの公園”でも落ちた枝葉は少なかった。
駅前通りも平穏で、(路面電車の)レールの点検が大袈裟に思われる程。
日頃は短く感じる全長4.7kmだけど、目視での作業距離としては長く、安全運行のためには尊くありがたい。
一安心と思っていたら、午後から吹き返しの風×風×風。
これまで被害はなかったのに、午前中に戻したサンシェードが留め金から外れて、ブラブラ。
(塀の外から、物が落ちたり転がる音がずっと聞こえていた。)
夕方になれば、、、夜になれば、、、“てくてく”に出ても風は残っていた。
35.1℃⇔25.4℃/61%、全く涼しくならない。

あちらこちら、被害が少しでも出ていませんように。
日頃の生活に戻れますように。

強い日差し+湿気はなく、梱包前に一干しできた。
問題なく発送完了、順調に動いているそう。

+0人=145人(再陽性除く)。



2020年9月6日(日)
じわじわぁ~っと

何故か?立体駐車場の入り口に、 ハーブの自販機が登場。
“桃太郎のまち”初らしい・・・って事は、“晴れの国”初?
スーパーより新鮮で+盛りが良し。
バジルが欲しかったけど、財布なし。

気温が高くても風があれば過ごし易いかと思っていたのに、全くそうではない。
いつも通り買い物に出かけ、何かあっては困ると、チャッチャと済ませ帰る。
3軒目の目の前で、車が歩道に乗り上げ→用水路を遮るガードレールに突っ込んだばかりの所を、片側1車線で、通行止めになる直前に抜ける事ができた。
少し走れば、何台ものパトカー+警官が交通を止めて迂回を促していたので、3分でも遅ければ車の中で日干しになるところだった。
暑いからとイライラ、台風が来るからとバタバタ、余計な事に気を取られると危ない×危ない、身が引き締まった。
キャベツが348円、高値に戻ってしまった。
コロナ休校で給食の牛乳の処理に困っていたのに、給食が再開すると、今度は確保できなくなって、先々週も先週も買えず、やっと1家族2本までの限定になった。
じいさんの家の近くの牧場はコロナ禍で閉じ、仕方がないで済ませていたけど、安定供給の難しさをここに来て実感。
で、今日のお買い得は、2人では食べきれない480円のアンコウ、唐揚げにして2日掛けて食べるつもり。

16時頃に1時間程降る。
お向かいさんはガラス戸に養生テープを*に貼っていたけど、そこまでする事はないだろうと、立て簾を2枚寝かせ、サンシェードを1枚外し、メダカ鉢の水を抜く。
これで大丈夫・・・のはず。
降ったり止んだり→徐々に本降りになったけど、“てくてく”は雨を縫って出られたので、2匹をタオル1枚で拭く事ができた。
さて、これからどうなる?

+0人=145人(再陽性除く)。

2020年9月5日(土)
早め早めに、

この辺りでの台風のピークは、月曜日?
月曜日に(定期で)内科に行く予定だったけど、今日にする。
誰も同じ事を考えているのだろう、4人待ち。
若先生なら直ぐ診て貰えるけど、N先生の顔を見て+話をするのも治療の内だから、 じっと待つ。
で、薬局に寄っても1時間で帰るはずが2時間掛かり、その間にチビは“水の郷”に向かっていた。
(着信があったけど、持って出ていないので、帰ってから知った。)
まぁね、今日か?明日か?<余裕を持って今日!、朝もそんな感じでご飯を食べていたし、安全第一!、日本海側なら迎える準備も必要だろう。
で、4連休に帰ってくるんだろうなぁ。

午後はダラダラ。
ご飯を作るのが億劫で、2週続けて、近所でうどん。

+0人=145人(再陽性除く)。

2020年9月4日(金)
サンダル作りその5/縫い合わせの続き+シャンクとアウトソールの貼り付け

開花。
去年より、色が濃く+大きい。
明日は、花弁が先まで伸びるかなぁ?

33.8℃⇔25.6℃/73%、日が暮れてから1時間程やっと降った。
台風風?もあって、身体が少し楽。
少しでも西よりに、少しでも小さく、少しでも早く通過してぇ~~~~!!!

チビの職場から連絡があり、危ないので、月曜日は車で出勤するようにと。
追って、状況によって休みにするかも?との事。
前の職場では、平成30年7月豪雨後に、「線路が壊れても道路が不通でも出勤!」だったので、良い環境下に就職できて良かったなぁ。
ラジオで、「明日+明後日は、“水の郷”まで計画通行止めの区間がある。」と聞いた。
早めに帰って、自宅待機が良かろう。
165km/3時間半、近くて遠いなぁ。

右足を縫い合わせる。
気になっていた(親指辺りで穴の間隔が広い)1目は、幸いにも黒+黒で、言わなければ分からない程度になった。
裏を荒らして→シャンクを貼り→薄い皮で押さえ→アウトソールを糊付け。
剥がれない様に、足型の台金に乗せて→裏(底)からゴム槌で強く叩いて圧着。
ドスドス叩いているのに力が足らないと、口は出してもお手本以外は手を出さない(その分、チェックが厳しい。)先生が、念入りに叩き直してくれた。
息が荒いところを見ると、かなりの力仕事。
次回16日、ソールの側面を整えて、完成!!?

+0人=145人(再陽性除く)。



2020年9月3日(木)
お出かけ

37.1℃⇔27.8℃/59%、ぶり返し。

60km+ちょっと北の“鶴山城”表門前にある『つやま自然のふしぎ館』=昭和38年開館の剥製がたくさんある所として、知っている人は知っている隠れた名所を目指す。
(直ぐ上のお城は行った事があるし、暑いので今回は行かない。)
農道を通ってビューンと、山の間だけ屋根を外して、風の具合は“こんなもん”かと楽しむ。
出発が遅かった上に、道に迷ったので、着いて直ぐに町一番人気の焼肉店(博物館の隣にある観光センターに出店)で焼肉丼を食べた。
(昔から畜産が盛んで、郷土料理も肉ばかりなので、焼肉丼は必然的。)
で、博物館で。
古い木造校舎の改築で複雑な経路、防虫剤や防腐剤+“古さ”独特の臭い、エアコンが点いていても効いてはおらず、何ともレトロな施設。
剥製の種類と数が半端なく、聞いた事がない動物がたくさんいた。
創設者本人の臓器標本や本物の骨格標本は生々しいけど、訴えるところは大きく、昆虫標本や鉱石等々もあって、十分な施設ではなくても得られるものは多い。
剥製は、同種でも地域毎に異なる姿や、想像以上の大きさ(大小)が興味深いものの、命の塊がこちらを見る様に展示されているので、作り物なのに妙に怖い。
ナイトミュージアムだったら、泣くかも?
これだけ揃えられる事は今後ないだろうし、それらを一度に見られ、興味本位で入ったけど、最後は、これらの中にヒトもいるんだよなぁ・・・。
ヒトとして生きている事にありがたみを感じ、“仲間”を大切にしなければならないと改めて感じた。
こんな田舎に・・・と甘く見ていたけど、行って良かった。
それから、向かいの歴史民俗館(当地の歴史を少し勉強して行けば良かった。)に入り、観光センターでアイスクリームを食べて、ビューンと帰った。

+1人=145人(再陽性除く)。
発症前2週間の内9日間、感染拡大地域に滞在していたそう。


2020年9月2日(水)
バービー→メイサーク→ハイシェン

台風接近、“晴れの国”には大きな影響はないと安心し、こっそりと、本当に久し振りの雨と風を期待していた。
結果的には、昼過ぎから直ぐに地面に滲みて跡が残るか残らない程度しか降らず、風は生温。

それでも、台風が来る前に+雨が降る前に荷物を移動させようと、郵便局へ荷出しに行き、センター止めでやり過ごそうと佐川さんを呼ぶ。
局までちょっとだけ遠回りして、4鉢目を見に行くと、餌をやった直後で、上がってきていた。
色々混ざっている我が家の鉢を見慣れてくると、少し前まであれだけ羨ましかった赤色ばかりの群れが、単調に見えた。
やっぱり我が家のメダカちゃんが一番かわいい。

5日連続で+0人=144人(再陽性除く)。

2020年9月1日(火)
9月

“てくてく”、今朝はメダカ巡り。
1鉢目は、賑やかだった昨夏から3匹に減り+水草も浮き玉も除かれて、貧相に・・・「何もおらんがな。」と興味薄。
今春、ミックス稚魚から始まった2鉢目は、熱帯スイレンが花を添え+ろ過装置も付いて、気合が入っている。
ほぼ放ったらかしの3鉢目は、少数精鋭・・・これで安定しているのだろう。
4鉢目、古い防火水槽の蓋の隙間から大小の赤い子が見えた。

朝の情報ラジオで、9月に入ったから+少し早い時間に『さよなら夏の日』が流れたからと、T内まりやの『September』 が掛かり、そう?と過ごす。
台風の影響ではなさそうな、温(ぬる)いそばに熱々の天ぷらを食べている口の中の様な感じの風が吹く。
36.5℃⇔25.7℃/68%、カラシ色のシャツはまだまだ早いけど、トリコロールの海辺の服はもう着られない。

4日連続で+0人=144人(再陽性除く)。