ときどき→ほぼ毎日記@まめやん

  
<<前のページ | 次のページ>>
2021年6月11日(金)
二度あっても三度ない。

5年に1度?の漏電点検、8日に調査員が来てくれたらしい・・・郵便受けに「また来ます。」の用紙が入っていた。
『箱』は屋外にあるから、留守であっても「検査しました。」と結果報告で終わる(チェック欄がある。)のだけど、我が家の場合、その箱は“施錠した塀の中”にあり+無施錠であってもわんこ達がウロウロしているとあって、在宅必須。
で、昨日の午前中、キリムを叩いている最中に、ピンポ〜ンが聞こえた様な?⇔そうでない様な?
出てみれば、既に「また来ます。」の用紙が入っていた。
この様子では、8日も聞こえていなかったに違いない。
以前は屋内のブレーカーを点検していたので、それに比べればお互いに気を遣わなくて良いし+(前回は)あっという間に終わったし、、、2回も来て貰ったのに、、、唯々申し訳ない。
で、今日は入っていた用紙に「@(本当に)留守にするので、A門扉の鍵を開けて、Bわんこ達が出ない様にしておくから、C見て下さい。」と上書きして、チャイムのボタンの上に貼り付けて出かけた。
2時間程で帰ったところ、張り紙はそのままで、今日は来ていないのか・・・とよく見たら、更に上書きされていた。
次回は1回で終わらせる様にと反省するものの、5年後の今頃に点検がある事を覚えているか?

昨夕、気を利かせて、まっこが出来上がったジジムを干そうと外に出してくれたところ、直ぐに呼び出された。
あぁ、「房が一つ取れた。」との事。
落ちたのか?⇔落としたのか?、どちらにしても欠けてしまった。
見れば、左2つを新しく作ってあるので、弱っていたに違いなく、2つ作ってあるなら、“端の処理”ではなく房の形にしなければ、釣り合わない。
糸は簡単に通る・・・けど、2つの根元は疎かになっているから、先ずは緯糸に通し直す・・・針から経糸が抜け易く、緯糸は弱って+伸びているので、作業としてはここが難所だった。
隣同士結んだら、完成。

陽性者12人(内、経路不明3人)+死亡者1人。
病床使用率以外は水準を下回ったとの事で、ステージ4から3に引き下げ。
宣言解除後は、まん防適用の必要はないとされた。
それでも、何かと制限は必要だよね。
今から+そこまで+しっかり言っておかないと!




2021年6月10日(木)
アナログ派

「スマホにキーボードが欲しい。」とまっこ、どうせなら職場と家のパソコンでも使いたいと、3台共有(使い分け)できる無線式を買った→「そこそこ使えるで。」
そのつもりで使ってみると、反応なし。
打っても文字が出なかったり、時には勝手に連打。
バックスペースキーでちょっと削除したつもりが→反応がないので→連打したら→それでも動かないので→もう止め!と思った頃に→バババッと広範囲に消えてしまったり。
「どうなっとん?」と尋ねれば、「わしの時は、順調。」らしく、打つのが早過ぎて無線が追いつかないとか、何とか。
(聞く前に、反応速度を調整してみたけど、効果がなかった。)
何にもできないから、前に使っていたものに戻した。
これも無線なのに、全く問題なし。
が、1台を2人で使っているので、都度交換しなければならないのが面倒。
ところが、まっこが使っても“連打”=接触不良?の症状が出たそうで→購入店に動画を送り→返品する事になった。
次、買う?
買うなら、絶対に有線!
ピッチとストロークは“慣れる”から、同じ配列でテンキーがあれば、有線なら何でも良いよ。

反対側にも小穴あり。
穴は塞がっているけど、それを覆い切れていないし+裏から見ればジジムではない。
必要な大きさを、段と目を追ってジジムの手順で針を進める。

陽性者12人(内、経路不明7人)+死亡者4人。
低空飛行・・・どう表現したら良いのやら?


2021年6月9日(水)
お陰様々

昨夜、駅前の巨大ショッピングモール裏にある用水に、ホタルを見に行った。
掲示板に「〇日に〇匹」と出ていながら、見られず。
配慮はしてあるけど、もう少し灯りを落としてくれたらなぁ・・・。
足を止める人がいないのも、寂しいところ。
次の雨までに、また行ってみよう。

数日前、近所の銀行に行くと、窓口が閉まっていた。
訪れる人は当然の様で、ATMで用を済ませ、さっさと帰って行く。
どうした?+どうなっている?とキョロキョロすると、シャッターに「コロナ対策のため、11時半〜12時半は休みます。」との事。
(行員に複数の陽性者が出ており+業務を維持するために交代勤務中で=人数が確保できないため・・・だそう。)
あぁ、そうか・・・、それもありだな。
で、今日、まっこが同じ銀行に行き、「閉まっとる。」とメールを寄こし、帰って「知っとったか?」とい聞いてきた。
伝えていなかった事に「意地悪か?」と皮肉られると思ったけど、「それもありじゃの。」と納得。
コロナ禍ながら、ありがたい事に、少々気が丸く+長くなった様。

修理後の後入れと分かっていても、納得できないジジム。
解いてみると、左側の△は修理のカバーで、右側の△はダミーだった。
それでも納得できなかったのは、小穴だからとちょこちょこっと摘まんだだけでカバーをしてあったから。
カバーを否定しないけど、この程度なら、、、素直に経+緯糸を入れれば、、、これに手入れ賃を払っていると思えば・・・。

陽性者13人+死亡者1人+クラスター1つ(事業所)。
数は減っているものの、経路不明が絶えず、変異型も増えてきているのが、心配。


2021年6月8日(火)
早くも長夏

昨日は夏日、30.9℃⇔17.0℃/64%。
今日は更に上がると分かってはいたけど、まさか×まさかの、32.0℃⇔18.4℃/65%。
衣料の夏仕度が進んでおらず、とりあえず7分袖から薄物の7分袖に着替えた。
ネッカチーフ(生きた言葉?)で小さい保冷剤を包んで、首にセット。
最初はヒヤッとしたけど、直ぐに温くなり、夜まで欠かせず。
わんこ達もヘソ天。
扇風機も出した・・・ら、まっこの職場ではエアコンが点いているそうで、「テレワークも良し悪し。」とか。

詰め糸が切れているので、補綴。
針が簡単に曲がる。

陽性者の発生が一桁になったものの、病院でクラスターが発生し、1人亡くなった。
10日に宣言が解除されるとか!⇔されないとか?

2021年6月7日(月)
この頃
白いクチナシが匂い、その横で赤いツツジが咲いている・・・ツツジ、どうした?
今日は夏日、合わせた様にジンジャーリリーの伸びが早い。

首がカサカサ→放っておいたら腫れて、痒さに我慢できず皮膚科に。
変な病気になったかも?とちょっと心配したけど、毎度×毎度の“何かの刺激”が表に出てきたのだろうと診断された。
「早く来ていたら、こんなになっていなかった。」→「サッと塗って、サッと止めよう。」と首に対してはちょい強い軟膏を塗る事になった。
もうちょっと→もうちょっと→もうちょっとすれば治る!=自然治癒と様子を見ていたのは、“やっぱり”バカだった・・・懲りないなぁ。

生地が弱っているとまっこに指摘され、この状態では見た目以上に広く手を入れないといけず=勿体ないので、抜け落ちたジジムだけを足した。

夜の“てくてく”=21時頃=2軒目に行こうか?⇔帰ろうか?と言う頃は、ほとんど人を見ないけど、日中は外出を控えている様な感じではない。
まぁ、そう感じるのは自分も外にいるからで、自転車で駅前の商店街まで往復した限りでは、「マスクさえしておけばOKぇ〜。」の空気が漂っている。
だれているなぁと天使が咎め、この程度なら大丈夫と悪魔がニヤリ。
新しい陽性者の数は激減したけど、ポロポロクラスターが出ているし、連日亡くなったと数が出る。
(病床に余裕が出ないので、宣言は下ろされていない。)
時短+休業要請に従わない6軒(接待を伴う店5軒+居酒屋1軒)があると発表され、通る度にそこだけ明々と灯って怪しい雰囲気と感じていた居酒屋が、正にそこだった。
開いていても賑わっている様子は見られない・・・なら、休んでも同じ?
開店間もないので、少しでも稼ぎたい?
従わなかったと知られれば、宣言が解かれた後に、お客さんは期待する程行かないのでは?・・・そんな“国”民性が十分あるお国柄・・・複雑なところ。
(パチンコ屋のネオンとマッサージ店の客引きも、怪しく+怖い。)
救いなのは、ワクチン接種率(高齢者・1回目)が全国比で高い=2位な事。
どこで?どうやっているのか?と不思議に思えば、、、@“国”内なら接種場所を問わず+A空き状況が分かり易く、2回分まとめて予約可+Bワクチンの配送がスムーズ(一元化してS川さんに委託)。
で、隣市では一般向けが7月1日からと発表され、この調子で進めば“桃太郎のまち”も早まりそう。
じいさんは今日1回目を受けたと知らされ、まっことチビは職場で受ける事になるだろう。
大手を振って出歩きたいので、予約券が届けば直ぐに受けようかなぁ・・・大きく気変わり。
まぁ、少なくとも20日までは最用心に越した事なし。

2021年6月1日(火)
夏仕度

西日が強く当たる玄関の門扉に下げようと、密林でシェードを注文したのが連休半ば。
直ぐに届いたものの、まだ早いので放置→直ぐに梅雨入り→空梅雨っぽいので汗を流して下げ→バッチリだけど下げっ放しで、出入りできない事に気が付いた・・・今更!

高さや角度も変えられれば・・・と頭をひねり→ガイロープ+自在金具に行き付いた。
そんな物をたくさん持っているチビに強請ってみたけど、どうも思うようなサイズではないし、わざわざ専門店で買う程の丈夫さを必要としないので、こんな時にはある物はある+ない物はない100均店へ、気持ち半分で行った。
1軒目はロープだけがあり、、もしかして?と向かいの2軒目に足を延ばせば、去年以上にアウトドアグッズが充実し、3m+金具1個がセットになった物があった。
しかも、ロープの端が処理され+片方は金具に通してある。
こんな時は巻き結び?⇔もやい結び?、「どうやるんじゃった?」と鉄黒豆を相手に練習して、セット。
ついでに南側にも簾を下げて、今日のところはこれで終わり。
で、“本気の夏”が来る前に、また汗を流そう。

“晴れの国”立美術館の肉筆浮世絵展は、秋に延期と決まった。

色が流れているので、極所的に太陽&水で脱色。

陽性者の数は減りつつあるけど、空き病床の数が減ったと言う情報はなく、死亡者もクラスターも止まない。
ワクチン接種が進んでいると聞かないし、加速するとも聞こえない。
それでも、“国”長も“まち”長も宣言を下げて欲しいと言っている。
まだ早くないか?、もう少し我慢した方が良いのでは?
もしかして、オリンピック事前キャンプの所為?