キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ


乾燥に適した季節になりました。
普段使いで埃や汗で汚れたキリムをこの期に丸洗いして、スッキリ蘇らせてみませんか?
水洗いで心配な色流れ→色移りの発生が少ない洗剤をご紹介します。

何度もテストをしお勧めできる品としてご案内しますが、同じ方法で全てのものに対応できるとは、補償できません。
パッチテスト等で安全性を必ずお確かめの上、お客様の責任の上でご使用下さい。
普段のお手入れは、こちらをご参照下さい。

キリムを洗う洗剤について

キリム・絨毯のクリーニングのご相談を受けた際には、専門業者による水洗いやドライクリーニングご紹介してきました。
しかし、玄関マット等、ご自宅で気軽に洗いたいと思われる方もいらっしゃると思います。
私も、イラン等から輸入した販売用のキリム・絨毯(洗い上がりが芳しくない場合)、それから、自宅で使っているキリムや絨毯は自分で洗っています。
一部のキリム・絨毯は、ウール用の洗剤だけで普通に水洗いできますが、ほとんどの場合に色流れ→色移りが発生する虞があり、特殊な洗剤が必要になります。
もし、ご自身で、不安を抑えて洗ってみたいというご希望がありましたら、ご相談頂ければ私の使っている洗剤を小分けします。
ただし、営利目的ではありませんから、在庫限りで終了します。


専門業者では数万円も掛るクリーニング代が、たった数百円の洗剤料金で済むというメリットはありますが、洗浄によって発生した不具合については責任を負いかねますので、ご心配な場合は専門の業者に依頼して下さい。
シルク素材については、色素の堅牢度が弱いので、お勧めしません。
代金は、洗剤の原価(+容器代)+手数料+送料実費です。(詳しくは下記をご参照下さい。)

【洗剤について】
基本的な考え方として、キリム・絨毯に使われている染料のうち、堅牢度の低い余分な色素は洗い流してしまうのが得策です。
従って、色流れ・移色防止効果のある洗剤で洗いながら、色の分離が収まった段階で色止剤を投入してきっちりと止めてから、脱水する事で問題の軽減を図ります。(色素の堅牢度により、色止剤の使用方法が変わります。)
ご紹介する洗剤は、色流れ・移色防止効果のある洗剤と色止剤の2種類です。
色素の堅牢度の高い物の場合、色止剤は不要ですが、ご心配な場合は混合して使用する事が望ましいです。
常温の水道水で利用できる色止剤なので、高温処理が必要な物と違って織物の変形を心配する必要がありません。
洗剤500g+色止剤250gが最低分量、片方のみでも可能。(グラム単位の為、比重の重い色止剤は250ccより若干少なくなります。)

【使用方法】
水10L対して、30〜50MLの洗剤、色止剤はその半分で効果があります。
従って、小〜中判サイズのキリムなら、凡そ9〜10回程洗浄できます。
また、色素の堅牢度の高いキリムの場合、洗剤の使用量を少なくする事が出来ます。
判断はお客様任せとなりますが、万が一の為、多めに使う事が望ましいです。
より詳細な使用方法は、PDFファイルにて別途送付します。


【安全性について】
ご紹介する洗剤等は市中のクリーニング店向けに販売されている物で、一般の方でも入手可能ですが、10s単位で販売されています。
製品安全データシートは、PDFファイルにて別途送付します。

【洗剤等代金】
洗剤500g=290円、色止剤250g=480円に、それぞれ消費税が加算されます。(これは、私の買い取り原価です。)
容器は、使用済みペットボトルを洗浄して再利用する予定ですが、新しい容器を購入した場合は、その実費を加算します。
手数料は、1回につき540円
送料はキリムと同様に、送り先により異なります。

お問い合わせ先アドレス: fine@kilim-artatelier.com

「お手入れ」と「ちょっぴり気になるホームクリーニング」へ

当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.